[静磁界にばく露されたマウスの微小核の誘発] med./bio.

Induction of micronuclei in mice exposed to static magnetic fields.

掲載誌: Mutagenesis 2001; 16 (6): 499-501

静磁界がマウスの骨髄細胞細胞毒性を持つかどうかを調べるのが目的であり、マウスを3.0Tに48および72時間、4.7 Tにも同様な時間ばく露した結果、微小核形成頻度が有意に上昇した。微小核形成頻度は量依存性があり、4.7Tで高かった。この結果を、磁界によるストレス応答または、磁界により染色体の異常誘発/スピンドルの乱れに直接影響された結果として考察している。

ばく露