[慢性脊髄圧挫損傷のマウスでの運動制御に対する15Hzの経脊髄磁気刺激の影響] med. app.

The Effects of 15 Hz Trans-Spinal Magnetic Stimulation on Locomotor Control in Mice with Chronic Contusive Spinal Cord Injury.

掲載誌: Electromagn Biol Med 2013; 32 (2): 155-164

この研究は、慢性的な脊髄圧挫損傷マウスの運動機能の回復に対し、運動と組み合わせた経脊髄磁気刺激の反復(rTSMS)の効果を調べた。CD1雄マウス17匹に麻酔下外科手術で脊髄圧挫損傷を与え、術後3週間経過した慢性期から、rTSMSばく露と運動を開始した(rTSMS群10匹はrTSMSと運動、対照群7匹は運動のみ)。rTSMSばく露は、コイルによる損傷部位の局所刺激で、1.5 T、15 Hzの磁気パルスを1日30秒間(450発のパルス)、連続28日与えた。術後第1日目から1週間間隔で9週間、行動および運動タスクの成績を測定した。その結果、Bassoマウススケール、水平はしごスケールで測定した機能回復度はrTSMS群の方が有意に高かった;磁気刺激終了後も回復促進効果は続いていた;別のインビトロ実験(無傷の脊髄標本へのrTSMSばく露)では、rTSMSばく露を受けた脊髄標本からのグルタミン酸受容体放射性Dアスパラギン酸の放出が有意に上昇した、と報告している。

ばく露