研究のタイプ: レビュー (疫学研究)

[前庭神経鞘腫と携帯電話:臨床研究の結果、限界、展望] review

Vestibular schwannoma and cell-phones. Results, limits and perspectives of clinical studies.

掲載誌: Eur Ann Otorhinolaryngol Head Neck Dis 2013; 130 (5): 275-282

この研究は、携帯電話およびコードレス電話の使用と前庭神経鞘腫の関連を調べた臨床研究(コホート研究がん登録研究、症例対照研究、妥当性確認研究)についての体系的レビューである。コホート研究は、ばく露期間の短さ、代表性の乏しさのために結論が得られない;がん登録研究は、携帯電話使用の急激な拡大と前庭神経鞘腫発症率の間の相関を示さなかった;症例対照研究は相反する結果を示しており、方法論上の不備がある(長期使用の研究では対象者の数が少ない、明白な因果関係を示すことは全くできていない、ばく露評価に疑問がある、長期ばく露評価が欠けている);前向き調査が継続中であるが、前庭神経鞘腫は稀少疾患であり、関連なしの証明も困難と思われる、と報告している。

影響評価項目

ばく露