[無線周波電磁界ばく露によって生じた神経損傷にp25/CDK5が部分的に関与する] med./bio.

p25/CDK5 is Partially Involved in Neuronal Injury Induced by Radiofrequency Electromagnetic Field Exposure.

掲載誌: Int J Radiat Biol 2013; 89 (11): 976-984

この研究は、サイクリン依存性キナーゼ5(CDK5)経路が無線周波電磁界RF-EMF)による神経損傷に関与するか否かを調べた。SDラットの新生仔から採取した皮質ニューロン初代培養株にパルス化2.45GHzのRF-EMFのばく露導波管ホーンアンテナを用いた。パルスの繰り返し頻度は500パルス/秒;パルス幅2 μs;電力密度90 mW/cm 2;培養フラスコ底部のSARは6 W/kg)を10分間与え、細胞の生存力、アポトーシス、およびCDK5、p35、p25のタンパク質発現、Ser404でリン酸化されたタウタンパク質発現を調べた。その結果、ばく露後、細胞生存力は有意に低下し、アポトーシス核の割合、CDK5活性、p25とp35の比率、Ser404リン酸化タウタンパク質のレベルは有意に増加した;ばく露後にCDK5発現有意な変化は見られなかった;ロスコビチン(CDK5阻害剤)の事前処理により、RF-EMFによる細胞生存力の低下およびタウタンパク質のSer404リン酸化の過剰は有意に阻止されたが、RF-EMFによるアポトーシスは有意に阻止されなかった、と報告している。

ばく露