研究のタイプ: サーベイ (医学/生物学の研究)

[電磁界は電位依存性カルシウムチャネル活性化によって作用し、有益または有害な影響を生じる] review

Electromagnetic fields act via activation of voltage-gated calcium channels to produce beneficial or adverse effects.

掲載誌: J Cell Mol Med 2013; 17 (8): 958-965

この総説は、低周波およびマイクロ波の周波数範囲の電磁界(EMFs)による非熱的作用の惹起に直結する作用点を電位依存性カルシウムチャネル(VGCCs)とする説を支持する論文23件をレビューし、これらの論文の結果を一覧表に示している。一覧表に挙げた項目は、実験に用いたEMFの種類、カルシウムチャンネルのタイプ、細胞または生物の種類、測定した反応の種類である。また、VGCCsへの作用を起点としたカスケード的反応についての諸説を紹介している。

影響評価項目

ばく露