[脳組織の水分量に対する静磁界の年齢依存的影響] med./bio.

Age-dependent effect of static magnetic field on brain tissue hydration.

掲載誌: Electromagn Biol Med 2014; 33 (1): 58-67

この研究は、Na+/K+ポンプを活性化または不活化した条件下のラットに対する静磁界SMF)の年齢依存的な影響を調べる目的で、若年(6週齢)、成年(18週齢)、老年(18月齢)のアルビノ雄ラットの脳組織の水分量および磁界感受性を比較した。電磁石用電源との組合せで均一なSMFを発生する電磁石の両極間にラットのケージをおいて、0.2TのSMFを15分間ばく露した。事前の脳組織水分量測定、SMFばく露、擬似SMFばく露ウアバイン(Naポンプを阻害する化合物)の腹腔内投与、ウアバイン+ SMFばく露の各実験を、3つの年齢につき4匹ずつで行った。脳組織標本への麻酔薬の影響を避けるため、各実験後は液体窒素による瞬間冷凍した後に標本を作成した。その結果、事前の脳組織水分量は、成年、老年に比べ、若年で有意に高かった;SMFばく露により、若年の脳組織水分量の減少、成年、老年での増加が起きた;ウアバイン+ SMFばく露では、若年と老年でSMFばく露とは反対の影響が見られたが、成年では顕著な影響は見られなかった、と報告している。

ばく露