[スタンドアローン型変電所の近傍での磁界測定] tech./dosim.

Magnetic field measurements near stand-alone transformer stations.

掲載誌: Radiat Prot Dosimetry 2013; 157 (4): 619-622

この研究は、3つのスタンドアローン型の変電所(22/0.4-kV、定格電力630-kVAの変圧器1台設置)の周囲および上方で超低周波磁界(ELF MFs)を測定した。3つの変電所の規模は、幅4m、奥行き5-7m、高さ3m。測定には、EMDEX II の広帯域モード(40-800 Hz)を用い、(1)変電所周囲:1×1 mのメッシュ、地上1mの位置、(2)変電所屋根の上方:1×1 mのメッシュ、屋根から0-4mの高さの位置(但し屋根上> 2mについては屋根中央部のみ)で測定した。その結果、限定的空間での強いELF MFs発生源は低圧側ケーブル(変圧器-低圧側開閉装置を結ぶ)であった;疫学研究のカットオフ値0.4μTを上回る値は、変電所周囲では、低圧側ケーブルから> 3 mの距離ではほとんどなかった;変電所の天井の直ぐ上でのみ> 0.4μTの値が見られた;変電所の上方空間で高い測定値が得られたことは、疫学研究において変電所の直上のアパートメントを高ばく露群に分類する評価手法を示した、と報告している。

ばく露