[戸建て住宅内の電磁界レベル低減のためのベンチマーク確立に向けたパイロット近隣研究] tech./dosim.

A pilot neighborhood study towards establishing a benchmark for reducing electromagnetic field levels within single family residential dwellings.

掲載誌: Sci Total Environ 2014; 466: 625-634

この研究は、著者らが主導するRenovation2050研究プロジェクトの一環として実施された。Renovation2050とは、トロントのダウンタウンの独立家屋(Reno2050ハウス)をモデルにSustainable Renovation Index開発のため活動中で、電磁界ばく露低減戦略もその中に含まれると述べている。Reno2050ハウスから0.4kmの範囲内の29軒の一般戸建て住宅に協力を求め、家屋内の無線周波電力密度電力周波の電界および磁界強度高周波電圧トランジェントを測定した。それらの測定値を、低費用の電磁界低減対策を施したReno2050ハウス内の測定値と比較し、低減対策の有効性が示されたと述べている。

ばく露