[中間周波磁界とニワトリ胚毒性] med./bio.

Intermediate frequency magnetic field and chick embryotoxicity.

掲載誌: Congenit Anom (Kyoto) 2013; 53 (3): 115-121

この研究は、白色レグホンの有精卵を20 kHz、1.1 mT(実効値)または60 kHz、0.11 mT(実効値)の中間周波磁界に19日間ばく露させ、胚形成期における影響を調べた。対照群擬似ばく露群、ばく露群はそれぞれ60個とした。ばく露後、胚の死亡率発達段階、生きている胚の発達段階肉眼的異常骨格異常、上くちばしおよび足の指の長さを調べた。2つの周波数それぞれについて同様の実験を3回反復し、結果の再現性を確認した。その結果、胚の死亡率発達段階奇形のある胚の発生率、生きている胚での発達の諸変数は、磁界ばく露群と対照群で同様であった;下顎骨の浮腫のような肉眼的異常、尾骨欠損などの骨格異常発生率は全ての実験で低かった;3つの群で有意差はなかった、と報告している。

ばく露