[プラナリアを2つに切断した直後の周波数変調磁界への一回ばく露の最適ばく露時間で最終的な成長値が予め決まる] med./bio.

Optimal durations of single exposures to a frequency-modulated magnetic field immediately after bisection in planarian predict final growth values.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2013; 34 (8): 613-617

この研究は、プラナリアを咽頭で頭部と尾部に切断した直後に、複雑なパルスパターンの周波数変調磁界(ピーク磁界強度38mG ;1996年にこの特殊な磁界パルスプラナリア再生への影響の研究を公表した研究者に因んでThomas pulseと名付けられ、研究が継続されている)のばく露を与え、その後の再生への影響を調べた。どのばく露実験にも5つの頭部と尾部を入れたシャーレを用い、ばく露時間15、30、45、60、90、120、180分間の一回ばく露、および30、60、90分間のばく露を1日1回、7日間の反復ばく露を行った。それぞれの実験を3回繰り返した。その結果、45分から90分間のばく露の場合、それ以下のばく露に比べ、有意に速く再生した;ばく露時間を45分以上にしても、再生速度に差異は見られなかった、と報告している。

ばく露