研究のタイプ: サーベイ (医学/生物学の研究)

[女性および男性の酸化ストレスおよび生殖系の信号伝達経路に関するWi-Fiおよび携帯電話電磁界の最近の報告] review

Recent reports of Wi-Fi and mobile phone-induced radiation on oxidative stress and reproductive signaling pathways in females and males.

掲載誌: J Membr Biol 2013; 246 (12): 869-875

この総説は、女性および男性の生殖機能および膜の酸化の生物学に対する電磁界(EMR)の作用メカニズムおよびリスクについて議論している。女性の生殖能力に対するEMRの影響、生殖組織におけるEMR誘導酸化ストレス、男性の生殖能力に対するEMRの影響の3つの章立てである。女性に関しては8件の動物実験研究、男性に関しては15件の動物実験研究の研究結果を一覧表にまとめている。候補として考えられる作用メカニズムとして、EMRばく露した体内でのフルーラジカル形成が生殖系の細胞膜酸化ストレスを与えるプロセスを述べ、現在のところ男女の生殖リスク上昇の証拠はないが、研究が必要であると述べている。

影響評価項目

ばく露