研究のタイプ: インプラント/医用機器に関する研究

[MRI撮影中において聴覚インプラントによる無線周波加熱なし] dev./impl.

Absence of radiofrequency heating from auditory implants during magnetic resonance imaging.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1995; 16 (5): 307-316

この研究は、核磁気共鳴画像法MRI)での頭部撮影中における、聴覚脳幹インプラント(ABI)または蝸牛インプラント(CI)による組織熱の可能性について、人体頭部ファントム解剖学に基づき、頭蓋骨大脳筋肉から構成され、各組織は64MHzでの誘電定数を持たせた)を用いた実験で調べた。頭部以外の人体は、人体形状のファイバーグラス型に均質な筋肉材料を詰め込んだものである。サーモグラム測定および光ファイバー式温度測定で頭部組織の加熱を観察した。その結果、26分間のMRIスキャンの前後で記録した、ABIまたはCIを含む頭部矢状面、前頭面、水平面のサーモグラムの差分が加熱を示した;ABIまたはCIに沿ってファントム内に埋め込んだ光ファイバー式温度計測で得た、MRI撮影の前、撮影中、撮影後のデータは、ABIまたはCIに関連する加熱を観察しなかった、と報告している。

ばく露