研究のタイプ: レビュー (工学技術/ドシメトリの研究)

[Wi-Fiと健康:研究の現状のレビュー] review

Wi-fi and health: review of current status of research.

掲載誌: Health Phys 2013; 105 (6): 561-575

この総説は、Wi-Fiの健康影響の可能性に関する研究の現状を総括している。「Wi-Fiおよび無線ネットワークの健康影響についての公衆の懸念、および技術に伴う影響可能性と安全問題に関する行政当局の研究要請に対応して、相当程度の分量の研究が完了」しており、「一連の高い品質の工学的研究が、Wi-Fiからの無線周波RF)の個人ばく露のレベルについての、完全とは言えなくとも十分な理解を提供している」と述べている。一方、「Wi-Fi技術の生体影響についての、数の限られたこれまでの研究は、品質およびアウトカムの点で非常に多様なものが混在する」として、「議論の余地なく言えることは、Wi-Fiおよび無線ネットワークからのRFばく露は、米国および国際的なRFエネルギーのばく露限度値よりはるかに低いこと」であり、「いくつかの研究がWi-Fiなどのばく露による生体影響を報告しているが、技術的限界のためこの技術の健康リスクの可能性について、これらの研究から結論を導くことはできない」と述べている。結論として、この分野の今後の研究に向けた提案をしている。

影響評価項目

ばく露