[フェムトセルおよびマクロセル基地局を想定した場合のRF電磁界ばく露の総量の評価および比較] tech./dosim.

Assessment and comparison of total RF-EMF exposure in femtocell and macrocell base station scenarios.

掲載誌: Radiat Prot Dosimetry 2014; 162 (3): 236-243

この研究は、屋内モバイルサービス環境を著しく改善させるフェムトセル基地局(FBS)の使用者と従来のマクロセル基地局(MBS)使用者の、オフィス環境での無線周波電磁界RF-EMFばく露を、近傍界および遠方界を組み合わせて評価するように設計されたフレームワークを用いて調べた。マクロセルのカバーエリア、対象者の携帯電話使用時間を平均的なものとし、UMTS技術を前提とした場合、結果として、FBSを使用することによって総合的なばく露は20-40分の1に低下した;その原因は、携帯電話出力の著しい低下であった、と報告している。

ばく露