[超低周波電磁界(EM-ELF)の有無でのクロレラ(Chlorella vulgaris)の成長の動力学モデル] med./bio.

Kinetic model of Chlorella vulgaris growth with and without extremely low frequency-electromagnetic fields (EM-ELF).

掲載誌: J Biotechnol 2014; 169: 9-14

この研究は、ベンチスケール実験として、対照用、ばく露用の2つのクロレラ培養用フォトバイオリアクタ(直径15cm、高さ32cm)の円筒周囲にそれぞれ2本コイルを巻き付け、コイルから発生する磁界の有無によるクロレラの成長の違いを調べた。対照用リアクタの2本のコイル電流は向きを反対にして、発生磁界を打ち消し合わせた。ばく露用リアクタの2本のコイル電流は向きを同じにし、デューティサイクル10%、パルス間隔13.3ミリ秒(繰り返し周波数75Hz)の方形波により、約3mTを発生させた。温度(289-304 K)、その他の条件は両者同一とし、30日間、リアクタ内の細胞濃度と密集化傾向を調べた。その結果、304 Kでは、培養15日目に、細胞の死亡速度が成長速度を上回った;289-299 Kの範囲では、有糸分裂段階と密集化段階に基づく2段階動力学モデルが考えられた;そのモデルに最も適合するのはシグモイド曲線であることが判明し、それにより有糸分裂と密集化の間の競い合いが検討できた;有糸分裂段階の比速度定数の温度依存性には、磁界の有無による違いはなかった;磁界は、発熱を伴う密集化段階に有意な影響を与えることが示された、と報告している。

ばく露