研究のタイプ: リスクコミュニケーション/リスク認知の研究 (実際的研究)

[メディアにおける電磁過敏症(EHS)‐ノルウェーの新聞の定性的内容分析] risk

Electromagnetic hypersensitivity (EHS) in the media - a qualitative content analysis of Norwegian newspapers.

掲載誌: JRSM Short Rep 2013; 4 (11): 2042533313487332

この研究は、健康問題ついての公衆の理解に重要な役割を持つ新聞において、EHSの病因および症状への対応策に関する記事の内容がどのようなものであるかを、定性的内容分析法により明らかにした。調査にはノルウェーのメディアの電子的アーカイブAteks(主要10紙を含む82の新聞を含む)を用い、2006年2月から2010年8月までの関連記事を収集した。2006年2月にEHSに関するレビュー論文(Rubin)が公表されるまで、このようなレビュー論文がなかったため、それ以前の記事は調査に含めなかった。その結果、病因に関する記述(n=196)のうち、35%(n=29)は、(EHSと電磁界ばく露は無関係なことを示す)現在の証拠を容認する内容であったが、65%(n=127)は否定する内容であった;否定した記事(n=127)において症状の対応策として推奨されたものは、78%(n=99)が放射低減、4%(n=5)が補完医学、18%(n=23)がその他であったが、認知行動療法、向精神薬は0件であった;新聞報道の多くにおいて、現在の証拠に反した情報伝達が行われていることが示された、と報告している。

Full text available at PubMed Central : http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3831852

リスク認知

影響評価項目

ばく露

調査対象集団

content analysis of Norwegian newspaper published between February 2006 and August 2010