研究のタイプ: サーベイ (医学/生物学の研究)

[電磁界へのばく露から生じるヒトの疾病] review

Human disease resulting from exposure to electromagnetic fields.

掲載誌: Rev Environ Health 2013; 28 (4): 159-172

この論文は、電力線や他の電流発生源からの磁界への過剰ばく露により、ある種のがんの発症および神経変性疾患リスクが増加することを示した証拠、および無線周波電磁界への過剰ばく露により、がん、男性不妊神経行動学的異常リスクが増加することを示した証拠についてレビューしたと述べている。続いて、種々のRFばく露源による影響の大きさ、EMFばく露に関する幅広い範囲の基準の必要性、何も対策しない場合のコストなどについて論じている。
(この論文は、2013年3月13-14日、ニューヨークで開催された“Conference on Corporate Interference with Science and Health: Fracking, Food and Wireless”で講演された。Frackingとは、高圧水注入でシェールガスを抽出する方法のこと。Frackingセッションでは、この工法の地球環境への影響の有無が議論された。Wirelessセッションは、本誌に論文寄稿したHavas、Carpenter両氏の他、Hardell氏が講演した。)

影響評価項目

ばく露