[コンダクタンスベースの神経細胞モデルの応答への超低周波磁界の影響] tech./dosim.

Effects of extremely low-frequency magnetic fields on the response of a conductance-based neuron model.

掲載誌: Int J Neural Syst 2014; 24 (1): 1450007

この研究は、ELF磁界刺激がどのように神経細胞の活動に影響するかを生物物理学的モデルにより検討した。まず、修正Morris-Lecar(ML)モデルに基づき、 ELF正弦波磁界中の神経細胞をコンダクタンスベースモデルで記述した。次に、ELF磁界の強度と周波数の変化により、持続スパイクパターンと一過性のバーストスパイクパターンの2つにおけるスパイク時間およびスパイク頻度がどのように変化するかを調べた。その結果、磁界の周波数がそれぞれのパターンにおけるスパイク周波数の高調波周波数に一致する時、磁界の擾乱は最大になる;磁界強度の増加とともに擾乱も大きくなる;持続スパイクに比べ、バーストの方が磁界による擾乱を受けにくい、などがモデル計算で示されたと報告している。

ばく露