[マルチバンドおよびMIMO装備の無線基地局の無線周波電磁界の適合性評価] tech./dosim.

Radio frequency electromagnetic field compliance assessment of multi-band and MIMO equipped radio base stations.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2014; 35 (4): 296-308

この研究は、無線基地局(RBS)用設備による無線周波電磁界RF EMFばく露についての、数値シミュレーションによる実用的な適合性評価を様々な面から検討した。マルチバンド基地局アンテナと複数入力・複数出力(MIMO)伝送方式用アンテナの2つについて、単一周波数または複数周波数(800から2600 MHzの範囲の4つの周波数)使用の場合を評価した。大部分は、標準化された手順(CENELEC 2010およびIEC 2011)を用い(一部は標準化されていない方法にて)、電磁界のピーク値および空間平均値、全身平均SAR値、組織10g平均SARのピーク値に基づいて評価した。この研究では、(1)コンプライアンス距離を効率的かつ安全側に立って評価できる方法を選択する観点での、前述の物理量に基づいた様々なばく露評価法の比較結果、(2)MIMOを装備したRBSに関する数値計算アルゴリズムの選択が、コンプライアンス距離の精度に与える影響の観点でのいくつかのアルゴリズムの比較結果、について報告している。

ばく露