[パルス直流磁界に対する松果体の感受性は光周期により変わる] med./bio.

Pineal sensitivity to pulsed static magnetic fields changes during the photoperiod.

掲載誌: Brain Res Bull 1993; 30 (1-2): 153-156

<目的> メラトニン抑制に効く曝露のパラメータを検討するために、異なる時間に曝露して松果体の応答性を調べた。 <方法> 70匹のSD系ラットを用いた。地磁気の水平成分を1分間隔で45分間逆転させる磁界刺激を加えた。その直後にラットを断頭してメラトニン、NATを測定する。 <結果及び結論> 図1にまとめてある通り、メラトニンは0時45分および2時45分の値は有意に減少したが、22時45分の値には差が見られなかった。松果体は図2に示すような磁界に対する感受性があるものと考えられる。

ばく露