[ヒト神経芽細胞腫細胞株の自食作用は低周波電磁界への直接ばく露で変化する] med./bio.

Autophagy is modulated in human neuroblastoma cells through direct exposition to low frequency electromagnetic fields.

掲載誌: J Cell Physiol 2014; 229 (11): 1776-1786

この研究は、ヒト神経芽細胞腫細胞株(SH-SY5Y)の細胞食作用に対する低周波電磁界LF-EMFばく露の影響を、アルツハイマー病の重要因子であるβ-アミロイドペプチド(Aβペプチド)の関与を含め、実験した。その結果、LF-EMFばく露は、Beclin1転写物(BECN1)とそのタンパク質の増加を伴うmicroRNA 30a(miR-30a)発現有意な減少を誘発した;miR-30aの擬似前駆体に感染させた場合、LF-EMFばく露によるこの誘発現象はなくなるが、BECN1 siRNA処置した場合、Beclin1発現は守られる;LF-EMFばく露後に、自食作用関連マーカ(ATG7およびLC3B-II)発現および自食胞形成がみられた;異なるプロトコルでLF-EMF処理の効果を、インビトロでのAβペプチド添加の影響と対比して分析した、と報告している。

ばく露

関連論文