[CHO細胞の電気透過性による短期と長期の細胞死の電気的制御] med./bio.

Control by electrical parameters of short- and long-term cell death resulting from electropermeabilization of Chinese hamster ovary cells.

掲載誌: Biochimica et Biophysica Acta - Molecular Cell Research 1995; 1266 (2): 171-178

<目的>短期(short-term)および長期(long-term)細胞死細胞膜の透過度との関連性を検討する。 <方法>CHO細胞パルス電界を負荷し、細胞の透過度を変化させる。細胞の透過度と電界強度、ならびに細胞死の形態(短期および長期)の関連を調べる。 <結果>短期細胞死電界強度が1.0kV/cmを超えるとそれ以後比例して増加した。長期細胞死は0.5kV/cmを超えるとそれ以後比例して増加した。また、細胞集団の膜透過度が高くなるほど、長期細胞死が多く見られた。パルスの数ならびにパルス間隔が増すに従って、膜透過度および長期細胞死が急激に増加した。細胞死電界強度に比例的に見られた。

ばく露