[無線周波個人ばく露計2台1組の生体装着状態でのキャリブレーションとデータ処理] tech./dosim.

On-body calibration and processing for a combination of two radio-frequency personal exposimeters.

掲載誌: Radiat Prot Dosimetry 2015; 163 (1): 58-69

この研究は、電波暗室内で、人体の腰の両側に装着した無線周波RF)用の個人ばく露計(PEMs)2台を同時にキャリブレーションした。偏波した電界を実際に放射して、PEMsの応答やクロストークを調べた。その結果、2台同時のキャリブレーションにより、2台平均したPEMの応答の50 %信頼区間を2.6 dB減じることができた;大きなクロストークが測定され、PEMによる測定はクロストークによる乱れが生じる可能性が示された;ゲント市で実施したPEM2台での同時測定によれば、最大値はGSMダウンリンク平均0.052 mW/ m2)、最小値はUMTSアップリンク平均0.061 μW/ m2)であった、と報告している。

ばく露