[モデル動物のラットの蝸牛の発達に対するGSM通信発生源からの無線周波放射の影響] med./bio.

The effect of radiofrequency radiation generated by a Global System for Mobile Communications source on cochlear development in a rat model.

掲載誌: J Laryngol Otol 2014; 128 (5): 400-405

この研究は、GSM通信システムの電磁界(900、1800MHz)がラット蝸牛の発達に与える影響を調べた。8匹の妊娠したアルビノウィスターラット対照群、900 MHz群、1800MHz群に分け、900、1800MHz群は、妊娠12日目から分娩まで、1日1時間、それぞれの電磁界ばく露した。各群からの新生仔の数は、24、31、26匹であった。900、1800MHz群の新生仔は出生後21日目まで、1日1時間、それぞれの電磁界ばく露した。全新生仔の聴力は歪成分耳音響放射法で評価し、また3群から無作為に8匹を抽出し、蝸牛組織電子顕微鏡検査を行った。その結果、歪成分耳音響放射には3群で有意差がなかった;電子顕微鏡検査では、正常細胞アポトーシス細胞壊死細胞の数に3群で有意差が見られた、と報告している。

ばく露

研究助成

この論文に対するコメント