[人為的な電磁ノイズは渡り鳥の磁気コンパスによるオリエンテーションを乱す] med./bio.

Anthropogenic electromagnetic noise disrupts magnetic compass orientation in a migratory bird.

掲載誌: Nature 2014; 509 (7500): 353-356

この論文は、Oldenburg大学構内の木造小屋で測定したバックグラウンドレベルの電磁界ノイズばく露したヨーロッパコマドリ(Erithacus rubecula)は、本来の磁気コンパスを用いた方位取りができなくなったが、電気的に接地し、アルムニウム板で遮蔽した小屋(バックグラウンドレベルより2桁低い電磁界レベル)の中に入れるとそのオリエンテーション能力を回復した。しかし、その遮蔽した小屋の接地を外すか、接地したまま遮蔽小屋の中で広帯域の電磁ノイズを発生させると、再びオリエンテーション能力を失った、と述べている。

ばく露

この論文に対するコメント