研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[新世代電子式制御装置の呼吸、代謝、神経内分泌への影響] med./bio.

The respiratory, metabolic, and neuroendocrine effects of a new generation electronic control device.

掲載誌: Forensic Sci Int 2011; 207 (1-3): 55-60

この研究は、ボランティア実験で電子式制御装置(ECDs)の新世代機種(複数の回路とプローブを有する)の発射による人体への影響を調べた。ECDsの指導官がボランティア(53人)の前胸壁をTASER X3で撃ち、ボランティアは10秒間のばく露を受けた。ばく露の前後に、各種バイタルサイン、静脈のpH・乳酸・電解質・カテコールアミンを測定した。クレアチニンキナーゼ(CK)は実験前と実験後24時間測定した。スパイロメータによる計測は連続的に行った。その結果、各種バイタルサイン、電解質には変化がなかった;静脈のpH・乳酸・カテコールアミンの変化は、前代機種の場合と同じであった;呼吸の障害はなかった;CK変化は複数回路のために大きくなった、と報告している。

ばく露