[マウス精母細胞由来細胞の1800MHz無線周波電磁界ばく露に対する自食作用の防護効果] med./bio.

The protective effect of autophagy on mouse spermatocyte derived cells exposure to 1800MHz radiofrequency electromagnetic radiation.

掲載誌: Toxicol Lett 2014; 228 (3): 216-224

この研究は、RFばく露精母細胞に自食作用を引き起こすか否かを明らかにするために、マウスの精母細胞由来細胞株(GC-2)に1800MHzGSM信号をSARレベル1 W/kg、2W/kg、4W/kgで24時間与えた。その結果、4W/kg群で自食作用が高まる可能性があり、それには活性酸素種産生が介在している、と報告している。

ばく露

研究助成