[陽極tDCSは多発性硬化症における皮質脊髄路の出力および投射強度を増大させる] med. app.

Anodal tDCS increases corticospinal output and projection strength in multiple sclerosis.

掲載誌: Neurosci Lett 2013; 554: 151-155

この研究は、多発性硬化症(MS)患者の皮質脊髄路(CS)の興奮性に対する陽極経頭蓋直流刺激(atDCS)の一回治療の効果を調べた。二重ブラインド化交叉法試験により、atDCSおよび擬似tDCS(stDCS)の20分間刺激を、より障害が重い手の反対側の一次運動野(M1)に与えた。CSの興奮性の変化を経頭蓋磁気刺激TMS)で評価した。その結果、atDCS群では、リクルートメント曲線下面積は有意に増加したが、stDCSでは増加しなかった;atDCS群では、S字状曲線解析でプラトー部分が高くなった、と報告している。

ばく露