研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[0.5と5mW/cm^2 2450 MHzのマイクロ連続波放射へのウサギの慢性のばく露] med./bio.

Chronic exposure of rabbits to 0.5 and 5 mW/cm² 2450-MHz CW microwave radiation.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1983; 4 (1): 63-77

この研究は、オスのニュージーランドウサギの2群(それぞれn = 16)を用い、2450MHz連続波マイクロ波への90 日間ばく露実験を2回行った。第1実験および第2実験の入射電力密度はそれぞれ0.5および5 mW / cm 2とした。それぞれの実験期間中、16匹の動物は、少なくとも2週間、小型無響チャンバばく露システムに適応させ、その後、そのうちの8匹は、毎日7時間、5日間/週で13週間ばく露を与え、他の8匹は擬似ばく露を与えた。ウサギはアクリル製ケージに入れられ、それぞれを個別の小型無響チャンバ内で上方からのばく露を受けた。サーモグラフィー測定では、5mW / cm 2の入射電力密度の場合、SAR最大値は頭部で5.5W / kg、背部で7W / kgであった。毎回の7時間のばく露セッションの後、動物は各自のケージに戻した。ばく露チャンバ内での食物消費量および体重を毎日測定した。ばく露前、またばく露後について月に一回、血液学的、形態学的、化学的検査、タンパク質電気泳動法およびリンパ球芽球形質転換検査のために血液サンプルを採取した。白内障形成について眼を検査した。最後に、各ウサギからそれぞれ臓器および組織の28試料を採取し、病理学的検査を行った。その結果、5mW / cm 2のばく露中の食物消費量のみが有意に減少し(P <0.01未満)、その他の変数は、ばく露群と対照群の間に有意差はなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of 2450 MHz (continuous wave) microwave exposure on rabbits.

詳細情報

Blood samples and eyes were studied followed by pathological examination of inner organs. Furthermore body mass and food consumption were determined.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: continuous exposure for 7 hours daily, 5 days/week for 13 weeks
ばく露2: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 90 days
  • 電力密度: 5 W/cm² unspecified
  • SAR: 7 W/kg maximum (unspecified) (in the back)
  • SAR: 5.5 W/kg maximum (unspecified) (in the head)

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous exposure for 7 hours daily, 5 days/week for 13 weeks
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Distance between exposed object and exposure source 1.15 m
チャンバの詳細 anechoic chambers
ばく露装置の詳細 Rabbits exposed in acrylic cages with their long body axis parallel to the EF.
Additional information The set-up consisted of eight exposure and eight sham exposure chambers in the same room.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 5 mW/cm² unspecified 測定値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 90 days
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 5 W/cm² unspecified 測定値 - -
SAR 7 W/kg maximum 計算値 unspecified in the back
SAR 5.5 W/kg maximum 計算値 unspecified in the head

Reference articles

  • Guy AW (1979): [小動物を平面波マイクロ波界に慢性ばく露するための小型無響室]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • Eyes
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Under all investigated parameters only a statistically significant decrease of food consumption during 5 mW/cm2 exposure were found.

研究の種別:

研究助成