[ティーンエイジャーおよび成人へのWCDMA携帯電話電磁界の短期放射の影響] med./bio.

Effects of short-term radiation emitted by WCDMA mobile phones on teenagers and adults.

掲載誌: BMC Public Health 2014; 14: 438

この研究は、成人26人、ティーンエイジャー26人のボランティアを用いた二重ブラインド化実験で、WCDMA携帯電話電磁界RF-EMFs)の短期放射による影響を調べた。WCDMAモジュール(1950 MHz平均出力250 mWSAR 1.57 W/kg)内蔵のダミー電話をヘッドセットに取り付け、頭部に装着して32分間のばく露または擬似ばく露セッションを行った。同時に、心拍数呼吸数心拍変動などの自律神経系ANS)機能、8項目の主観的症状ばく露擬似ばく露セッション中のRF-EMFs認知を調査した。その結果、成人群、ティーンエイジャー群の両方において、ANS主観的症状ばく露があったと認知する割合に短期のWCDMAばく露は何も影響を与えなかった、と報告している。

ばく露

研究助成