[若年ラットの血液性状および免疫系に対する21 kHz中間周波磁界の影響] med./bio.

Effects of 21-kHz Intermediate Frequency Magnetic Fields on Blood Properties and Immune Systems of Juvenile Rats.

掲載誌: Int J Radiat Biol 2014; 90 (12): 1211-1217

この研究は、21 kHzの中間周波磁界(IF-MF)に全身ばく露したSD 雄ラット免疫パラメータへの影響を調べた。ラットを、ケージコントロール群、擬似ばく露群、IF-MFばく露群(磁界強度実効値3.8 mT)の3群に分け、ばく露擬似ばく露)は、固定器に拘束して、1日1時間、14日間行った。ばく露終了後の実験15日目に、血液パラメータを分析し、免疫機能に関する細胞のパラメータを分析した。その結果、IF-MFばく露により、血液パラメータの変化はなかった;細胞毒性活性および貪食能など免疫機能にも影響は見られなかった;T細胞の数も変化しなかった;擬似ばく群とばく露群の血中無機リン濃度に有意差が見られたが、その変化の大きさは生理学的変動の範囲内であった、と報告している。

ばく露