研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[銀ナノ粒子は中間周波、低電圧による細胞毒性を増加させる] med./bio.

Silver nanoparticles increase cytotoxicity induced by intermediate frequency low voltages.

掲載誌: Electromagn Biol Med 2015; 34 (4): 317-321

この研究は、銀ナノ粒子(SNPs)の存在下でのヒト乳がん細胞(MCF7)に対する低電圧中間周波(300 kHz電磁界の影響を調べた。まず初めに、SNPs単独での細胞毒性を、様々な濃度で測定した。その後、SNPsの有無の両条件で、15分間、3から9Vまでの3段階の電圧それぞれを細胞に印加した。MTTアッセイで影響を評価した。その結果、中間周波電磁界とSNPsは相加的のみならず、相乗的な影響を示した、と報告している。

ばく露