[距骨軟骨の病変に対する骨髄由来細胞および生物物理学的刺激:無作為化制御研究] med. app.

Bone Marrow-derived Cells and Biophysical Stimulation for Talar Osteochondral Lesions: A Randomized Controlled Study.

掲載誌: Foot Ankle Int 2014; 35 (10): 981-987

この研究は、距骨軟骨の病変(OLT)に骨髄由来細胞(BMDCs)の移植手術を受けた患者において、パルス電磁界(PEMFs)による生物物理学刺激の有効性を無作為化制御試験で検討した。術後の30人の患者を無作為にばく露群と対照群に分け、ばく露群は、術後3日目から1日4時間のPEMFsを60日間連続して受けた。臨床的評価項目は、標準的な足部疾患部位別判定基準(AOFAS)スコア、痛みのVAS評価、一般的身体症状SF-36であった。その結果、ばく露群では、6ヶ月後、12ヶ月後のフォローアップにおけるAOFASスコアが有意に高かった;ばく露群では、治療60日目および6ヶ月後、12ヶ月後のフォローアップにおいて痛みが有意に小さかった;両群で、SF-36には差がなかった、と報告している。

ばく露