研究のタイプ: 治療に関する研究 (experimental study)

[自律神経系活性化レベルに対する電磁的な鍼効果の測定への瞳孔サイズの利用] med. app.

Use of pupil size to determine the effect of electromagnetic acupuncture on activation level of the autonomic nervous system.

掲載誌: J Acupunct Meridian Stud 2014; 7 (3): 122-132

この研究は、経穴のBL15(心ゆ)に通常の鍼治療および電磁的な鍼治療(MGA)を行い、自律神経系の活性化レベルを瞳孔サイズの測定により評価した。MGAは、30Hz、2相波形、570.1 ガウスを選択した。EMAの磁束密度により僧帽筋各部に誘導される電流を測定した。その結果、EMAの場合、通常の鍼に比べ、瞳孔サイズが有意に減少した;570.1 ガウスにより僧帽筋に誘導された電流は±20 μAであった、と報告している。

ばく露