[感電による死亡:中国の広東省での2001-2010年間の低電圧電流による死亡71例のレビュー] elec. inj.

Electrocution-related mortality: a review of 71 deaths by low-voltage electrical current in Guangdong, China, 2001-2010.

掲載誌: Am J Forensic Med Pathol 2014; 35 (3): 193-196

この研究は、Sun Yat-Sen大学のZhongshan医学部法医学教室の2001-2010年間の剖検データから同定された低電圧電流による感電死71例の疫学的特性を調べた。その結果として、剖検全例に占める感電死の割合は2.11%;年齢は3-57歳(平均31.77 ± 11.0);男性が87.33%;感電事故発生場所の大半は工場か路上;接触状況は、活線が最も多く(38.02%)、続いて帯電した機械であった(28.17%);自殺はなし;夏期(6-8月)が50.70%;接触部位は、上肢が最も多かった(59.72%)、などを報告している。

ばく露