[携帯電話周波数電磁界にばく露したラットの肝臓の酸化的損傷およびNrf2タンパク質発現に対するアメリカ人参カプセルの効果中国語] foreign-language

[Effect of American Ginseng Capsule on the liver oxidative injury and the Nrf2 protein expression in rats exposed by electromagnetic radiation of frequency of cell phone].

掲載誌: Zhongguo Zhong Xi Yi Jie He Za Zhi 2014; 34 (5): 575-580
Journal partially peer-reviewed/unclear

この研究は、900MHz携帯電話周波数の電磁界EMFばく露を受けたラット肝臓における酸化損傷およびNrf2タンパク質発現に対するアメリカ人参カプセル(AGC)の効果を観察した。40匹のSD雄ラットを無作為に、対照群、EMF単独ばく露群、EMF+SJC群(EMFばく露+Shuifei人参カプセル(SJC)投与)、EMF+AGC群(EMFばく露+AGC投与)の4群に分けた。EMFばく露は、900MHz携帯電話電磁界の1日4時間ばく露を12日間連続して与えた。SJCおよびAGCは懸濁液を胃内投与し、対照群、EMF単独ばく露群には生食を同様に胃内投与した。その結果、対照群に比べ、EMF単独ばく露群では、肝細胞核の萎縮または消失、肝臓のMDAおよびNrf2タンパク質の上昇、SODおよびGSHの低下が見られた;EMF単独ばく露群に比べ、EMF+SJCおよびEMF+AGC群では、核凝縮が減少し正常レベルに近づいた、などを報告している。

ばく露