研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (observational study)

[無線周波(<30 MHz)電磁放射のヒトでの影響] med./bio.

The effects of radiofrequency (< 30 MHz) radiation in humans.

掲載誌: Rev Environ Health 1994; 10 (3-4): 213-215

この研究は、1年以上にわたってRF(<30MHz)電磁界ばく露を受けた121人の労働者集団を調査した。集団は、電界強度により、高強度(> 100V / m以上)ばく露群と低強度(≦100V / m)ばく露群に分けられ、両群を対象集団と比較した。その結果、どちらのばく露群でも、自律神経系機能および血液パラメータ(Hb、WBCおよび血小板)に有意な変化は観察されなかった;高強度ばく露群において、心電図でのいくつかの変化(ST-T間隔および異常心拍数)が観察された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To present the results of a survey carried out during 1973-1975 on the effects of high frequency radiation on workers of electronic industries.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 30 MHz
ばく露時間: 6 h/day, 6 days/week for 1 year
ばく露2: 30 MHz
ばく露時間: repeated daily exposure, 6 h/day, 6 days a week for 1 year

ばく露1

主たる特性
周波数 30 MHz
ばく露時間 6 h/day, 6 days/week for 1 year
Modulation
Modulation type unspecified, cf. additional information
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • Electronic industries
Additional information Electric field was measured with a type PL1 near field intensity meter.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 100 V/m cf. remarks 測定値 - more than or equal to 1 V/cm

ばく露2

主たる特性
周波数 30 MHz
ばく露時間 repeated daily exposure, 6 h/day, 6 days a week for 1 year
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 100 V/m cf. remarks 測定値 - less than 1 V/cm

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:

研究の主なアウトカム(著者による)

The results reveal no significant changes in the functioning of the autonomic nervous system and blood parameters in the exposed subjects of either group. Some changes in ECG were observed in the group exposed to high intensity radiation (> or = 100 V/m = 1 V/cm).

研究の種別:

研究助成