研究のタイプ: リスクコミュニケーション/リスク認知の研究 (理論的研究)

[電磁界のリスクに関する対話の確立] risk

Establishing a Dialogue on Risks from Electromagnetic Fields.

World Health Organization (WHO)
2002: 1-66, ISBN 9789241545716

このハンドブックは、電磁界リスクに関する論争、科学の不確かさ、既存設備の稼働需要や新規設備の適切な立地の要求などが絡み合った問題に直面している政策決定者を支援するため作成された。目的は、良好な対話を通じて誤解を減らし、信頼性を向上させることによって、政策決定プロセスを改善することである。内容は、リスク評価リスク認知リスク管理の課題、それに対応する遂行能力(科学的専門性、優れた対話技術、管理や規制についての適切な判断力)、対話の重要性について説明している。

リスクコミュニケーション

影響評価項目

ばく露

調査対象集団

.