[静磁界ばく露はハーベイクレードの発光ビブリオ菌株のクオラムセンシング回路を刺激する] med./bio.

Exposure to static magnetic field stimulates quorum sensing circuit in luminescent vibrio strains of the Harveyi Clade.

掲載誌: PLoS One 2014; 9 (6): e100825

この研究は、細胞質中に多面体形状の磁性含有物をもつことが電子顕微鏡で確認されているハーベイクレード内のビブリオ菌株PS1(海洋生物と共生する生物発光細菌の一種)を用いて、この細菌の20-2000ガウス静磁界ばく露下で行動を調べた。さらに、この細菌生物発光を調節しているクオラムセンシングに関連する遺伝子発現も調べた。その結果、擬似ばく露群に比べ、弱い静磁界ばく露群の増殖は、ばく露強度と増殖期の関数として、最大2倍になった;この影響は、指数関数的増殖期の後および定常期により強く見られた;鉄キレート剤デフェロキサミン(磁性含有物の分解を起こす)の存在下では、増殖への影響が消失した;静磁界ばく露群では、クオラムセンシング促進に関連する遺伝子発現が有意に増加する一方、クオラムセンシングの信号伝達経路の不安定化を仲介するスモールRNAsは減少した、などを報告している。

ばく露