[種々の照射量の低周波パルス電磁界に対するインビトロでのヒト腱細胞の機能的応答] med./bio.

In vitro functional response of human tendon cells to different dosages of low-frequency pulsed electromagnetic field.

掲載誌: Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc 2015; 23 (11): 3443-3453

この研究は、パルス電磁界PEMF)に対するヒト腱細胞(hTCs)のインビトロでの機能的応答を、種々のばく露条件(1.5または3 mT、8または12時間、単回または反復ばく露)で調べた。影響は、Scleraxis (SCX)、COL1A1、COL3A1、血管内皮細胞増殖因子A(VEGF-A)の発現およびサイトカイン産生で評価した。その結果、どの条件のばく露群でもアポトーシス関連の変化は見られなかった;どの条件のばく露群でもhTCsの増殖が増強し、さらに3 mTばく露群に限って生存率上昇も見られた;1.5mT単回ばく露群では、無処置群に比べ、SCX、VEGF-A、COL1A1の発現増加が最大となる一方、COL3A1発現低下が有意であった;どの条件のばく露群でもIL-1β、IL-6、IL-10、TGF-βの放出が上昇し、さらに1.5mT反復ばく露群ではIL-10の産生が有意に上昇した、と報告している。

ばく露