[理学療法における無線周波電磁界利用の周囲環境への影響] tech./dosim.

Environmental impact of the use of radiofrequency electromagnetic fields in physiotherapeutic treatment.

掲載誌: Rocz Panstw Zakl Hig 2014; 65 (1): 55-61

この研究は、理学療法装置の電磁界のパラメータを、植え込み医用機器を含めた医用電子機器との電磁干渉の防止、および患者以外の一般公衆および医療スタッフの健康ハザードの防護に関する要求の観点から検討した。容量型の短波ジアテルミ装置3台と長波ジアテルミ装置3台、超音波治療装置3台を測定した。その結果、施術者の電磁界ばく露は、治療室の空間配置と施術者の位置に依存する;植え込み医用機器と電磁干渉を起こさない離隔距離は短波ジアテルミ・アプリケータでは150-200 cm、長波ジアテルミ・アプリケータでは40-45 cmであった;職業者の電界ばく露限度値を満たすための離隔距離は、短波ジアテルミのアプリケータおよびケーブルから30-40 cmであった;職業者の誘導電流のガイドライン値の数倍の値が短波ジアテルミのアプリケータおよびケーブルに触れた場合の手首で計測された、と報告している。

ばく露