[不完全型脊髄損傷における歩行のための機能的電気刺激の無作為化試験:体構成成分への効果] med. app.

A randomized trial of functional electrical stimulation for walking in incomplete spinal cord injury: effects on body composition.

掲載誌: J Spinal Cord Med 2012; 35 (5): 351-360

この研究は、不完全脊髄損傷の患者において、機能的電気刺激(FES)でアシストした歩行が体構成成分に与える効果をnon-FESで運動プログラムを行った場合と比較した並行無作為化臨床試験である。34人の患者を17人ずつ、FES群(FESアシスト歩行)と対照群(non-FES運動)に無作為に分け、週3回、16週間、それぞれの訓練を自宅で行わせた。二重エネルギーX線吸収測定による徐脂肪体重(全身、足)、体脂肪量、CT画像による筋肉断面積を、ベースライン、運動開始から4ヶ月後、12ヶ月後に測定した。その結果、12ヶ月後まで27人が追跡可能であった(FES群16、対照群11);4ヶ月後、FES群の体構成成分の変化に有意な主効果は見られなかった;ベースライン値と12ヶ月後の筋肉面積の差は、対照群に比べFES群で有意に大きかった;試験中13種類の副作用が見られた(FES群7人、対照群5人において)、と報告している。

ばく露