[大腿骨頭壊死における侵襲的電磁界療法:前向きコホート研究] med. app.

Invasive electromagnetic field treatment in osteonecrosis of the femoral head: a prospective cohort study.

掲載誌: Open Orthop J 2014; 8: 125-129

この研究は、成人の非外傷性の大腿骨壊死(ONFH)の2つの治療法(掻爬術とその後の骨移植による治療;同様の治療侵襲的電磁界治療の組み合わせ治療)を比較した前向きコホート研究である。臨床的有効性をハリスヒップスコアなどいくつかの股関節機能判定基準で評価した。一側あるいは両則のONFHの患者35人を、無作為ではなく、各患者の外科治療計画にしたがって2群に分け、12ヶ月間追跡した。電磁界治療群(男性14、女性5;ONFHは22)は、掻爬・骨移植に加えて、誘導用の双極性ネジを植え込んだ。対照群(男性12、女性4;ONFHは18)は、掻爬・骨移植のみ行った。その結果、追跡期間中に、電磁界治療群では4例(18%)、対照群では4例(22%)が股関節全置換術を受けた;両群とも
股関節機能スコアは改善したが、有意差はなかった、と報告している。

ばく露