[電気刺激による皮膚の治癒の促進:ヒトボランティア研究でのパンチ生検において縮退電気波形は炎症抑制、血管新生増加、再構築促進をもたらす] med./bio.

Acceleration of cutaneous healing by electrical stimulation: degenerate electrical waveform down-regulates inflammation, up-regulates angiogenesis and advances remodeling in temporal punch biopsies in a human volunteer study.

掲載誌: Wound Repair Regen 2011; 19 (6): 693-708

この研究は、著者らが開発を続けている縮退波形(DW)による電気刺激インビボ皮膚の創傷治癒を増強するという仮説を実験的に検証した。健常なボランティアの片方の上腕から実験開始前(0日目)にパンチ生検により組織片を切り取り、14日目にその部位を再度パンチ生検(NSD14)、また反対側の上肢の0日目のパンチ生検部位に14日間DW電気刺激を与えた後、再度パンチ生検(ESD14)した。その結果、DW電気刺激を受けた創傷面は、炎症の低下、血管新生の増加、再構築の進行を示すパラメータが測定され、治癒が促進された、と報告している。

ばく露