[乳がん後のほてりの磁気治療に関するパイロット研究] med. app.

A pilot study of alternative transcranial direct current stimulation electrode montages for the treatment of major depression.

掲載誌: J Affect Disord 2014; 167: 251-258

この研究は、乳がん後のほてりに対する磁気治療の有効性と満足度に関する無作為化プラセボ制御交叉法によるパイロット研究である。11人の乳がん生存者を対象に、まず、ほてり症状の24時間ベースラインモニタを行った後、磁気治療器具またはプラセボ治療器具を片方の腕に3日間装着し、その後にほてり症状をモニタした。10日間の休息期間を置いて、交叉法でプラセボまたは真の器具を初回とは反対の腕に装着して同じ試験をした。器具は、ほてり症状を鎮静化するツボ6箇所に磁石(またはプラセボ磁石)が当たるように設計されている。その結果、磁気治療のほてり症状減少効果は、プラセボ治療より大きくなかった、と報告している。

ばく露