[弱い磁界(50 Hz)によるDjungarianハムスター Phodopus sungorusの成長遅延、こう丸刺激及びメラトニン合成の増加] med./bio.

Growth retardation, testicular stimulation, and increased melatonin synthesis by weak magnetic fields (50 Hz) in Djungarian hamsters, Phodopus sungorus.

掲載誌: Biochem Biophys Res Commun 1997; 234 (3): 707-711

<目的>磁界の強さだけでなく他のパラメータ特に立ち上がり、立ち下がりの速度が同様に重要であることが示されている。本実験では正弦波矩形波磁界のハムスターの精子形成メラトニンに及ぼす効果を検討する。 <対象・方法>雄ハムスター(3.6月令)を用いた。曝露した磁界は図1に示してあるような正弦波矩形波である。24h/d、56日間曝露した。体重曲線を求め、こう丸細胞数及びメラトニンを測定した。 <結果・結論>図2に示されてあるように正弦波では体重曲線に有意差はなかったが、矩形波では有意に曝露群で体重の抑制がみられた。こう丸細胞数は表1、図3に示すように矩形波で差が目立った。メラトニンは表2に示すように矩形波血清中のみ有意に増加していた。波形に依存してデータに差がでた。・

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露