[失語症のある脳卒中患者に与えた経頭蓋直流刺激:前向きの実験的コホート研究] med. app.

Transcranial direct-current stimulation induced in stroke patients with aphasia: a prospective experimental cohort study.

掲載誌: Sao Paulo Med J 2013; 131 (6): 422-426

この研究は、経頭蓋直流刺激が失語症のある脳卒中患者に顕著で継続的な神経可塑性を誘導し、言語を回復させるか否かを調べた前向きの実験的コホート研究である。慢性失語症の19人の患者は10回の経頭蓋直流刺激セッション(1回の刺激時間20分、刺激電流2 mA ;10日間連続;陽極は眼窩上、陰極は反対側運動野)を受けた。刺激開始前、終了後に、音声言語理解力、模倣、口述筆記、読み、書き、命名、言語流暢性のタスクを実施した。その結果、刺激セッションによる悪影響はなかった;刺激セッション後にスコアの有意な上昇がみられたタスクは、簡単な文章の理解力、命名、動物の名前の言語流暢性であった、と報告している。

ばく露