研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[閾値以下の高周波電界刺激は心筋細胞にVEGF発現を誘導する] med./bio.

Subthreshold High-Frequency Electrical Field Stimulation Induces VEGF Expression in Cardiomyocytes.

掲載誌: Cell Transplant 2015; 24 (8): 1653-1659

この研究は、虚血性心疾患治療法としての閾値以下電気刺激(SES)による血管新生の可能性を検討した。培養した新生仔ラット心室筋細胞(NRVMs)を、心筋脱分極閾値パルス幅1ミリ秒の双極性インパルスで0.5 V/cm)を下回る電界強度で、周波数は5、25、50、99Hzで、それぞれ48時間刺激した。刺激終了後、血管内皮細胞増殖因子(VEGF)とその受容体(KDR)の発現、および分泌されたVEGFの生物学的活性を測定した。その結果、SESの効果は25Hzで優勢であった;この特定の周波数において、細胞質および培養液上清のVEGFタンパク質の量が有意に増加し、併せてKDR受容体タンパク質発現が有意に低下した;SESばく露を受けたNRVMsの培養上清はヒト冠状動脈内皮細胞の増殖を上昇させる生物学的活性を示した、と報告している。

ばく露