研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[ペナンのばく露有りおよび無しの住民における電磁界健康影響] epidem.

Electromagnetic Radiation Health Effects in Exposed and Non-Exposed Residents in Penang.

掲載誌: GEP 2014; 2: 77-83

この研究は、ペナン島の各所にある無線通信タワー(TELCO)から住宅までの距離が異なる住民201人を対象に、14項目の非特異健康症状(NSHS)質問票を用いたインタビュー調査を行った。その結果、ばく露群は、< 50m(91人)、50-100m(29人)、101-150m(50人)であり、>150m(31人)を参照群とした;ばく露群と参照群で発症率に有意差がみられた症状は、頭痛めまい、不眠、物忘れ、記憶、下痢などであった;14項目の症状それぞれのオッズ比は全て1を超えていた、と報告している。

ばく露

研究助成