研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[末梢神経における刺激誘発性軸索損傷の進展と消散] med./bio.

Evolution and resolution of stimulation-induced axonal injury in peripheral nerve.

掲載誌: Muscle Nerve 1999; 22 (10): 1393-1402

この研究は、電気刺激損傷された神経に続発する軸索損傷の進展をネコの坐骨神経で調べた。ネコの坐骨神経を、神経周囲ヘリカル電極を用いて、50Hz、2100-4500マイクロアンペアの強電流で8時間連続的に刺激した。その結果、形態学的、および超微細構造の検査で、多数の損傷された神経線維が見られ、刺激後125日以前は再生しなかった;機能的障害はどの個体でも観察されなかった;刺激から125日後に、大部分神経線維組織学的に正常に見えた、と報告している。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露